教えて!作業療法士を目指せる大学in大阪

トップページ > 作業療法士の大学情報~大阪編~ > 高齢化社会と作業療法士の役割に関して

高齢化社会と作業療法士の役割に関して

少子高齢化の影響は、様々なところに出ています。
日本人の平均寿命は世界一ですが、長生きは健康で過ごしてこそ大きな意味があります。
医療系の職種が人気を集めていますが、まさに社会に貢献出来る仕事と言えるのではないでしょうか。
医療系の職種は数多いですが、近年人気が高まっているのが作業療法士です。
高齢者や障害を持った方のリハビリをサポートする仕事ですが、受験者数が増えていて将来の展望が明るい仕事です。
資格を取得するには、大学や専門学校で一定の期間学ぶ必要があります。
高校を卒業した若者だけでなく、社会人経験者の入学も増えています。
卒業すると国家試験の受験資格が貰えますし、作業療法士への一歩を踏み出すことが出来ます。
大学や専門学校を選ぶには、事前の下調べが大切になります。


大阪にはたくさんの大学がありますが、福祉系の学部や専攻を設けるところが増えています。
将来の超高齢化社会に備えてのことですが、受験の倍率も高くなっています。
リハビリに関しての知識をしっかりと吸収することが出来ますし、卒業後の就職率も良いと評判です。
女性の作業療法士も増えていますし、男性に比べると細やかな心配りが出来ると評判です。
大学には目的や志が同じの仲間がたくさん居ますし、切磋琢磨をしながら学べるのではないでしょうか。
もちろん、その他のキャンパスライフも充実しています。
スポーツや文化系のサークルが豊富ですし、授業と上手くバランスを取りつつ学べるのではないでしょうか。
一度資格を取ると、就職は無論、転職活動も容易になります。
キャリアを重ねられますし、次のステージへ進むことも可能です。


作業療法士の就職場所としては、医療機関や高齢者福祉施設が挙げられます。
初任給も良いですし、福利厚生をしっかりしています。
夜勤もないですし、ライフスタイルが立て易いという利点もあります。
少子化が進んでいることによって、大学自体の生き残りを懸けた戦いは厳しさを増しています。
サービス過剰にもなっていますが、進路を考える受験生にとっては選択肢が増えているのは確かです。
大学で福祉を学ぶことで、日本の将来を考えるきっかけに繋がるのではないでしょうか。
実習の機会も多いですし、高齢者や障害のある方と触れ合うことで、苦労やリハビリの進め方が分かるはずです。
改善点や目標が見付かりますし、人間として一回り大きくなれるのではないでしょうか。
これから先の福祉は、作業療法士の肩にかかっています。

次の記事へ

PAGE TOP