教えて!作業療法士を目指せる大学in大阪

森ノ宮医療大学

医療機関で働くためには、大学に通わなければなりません。大阪にある森ノ宮医療大学では、作業療法士になるための、カリキュラムが充実していて、チーム医療を心がけながら、総合的な知識を習得するので、実力が身に付きます。

教師陣は、臨床や教育において、経験が豊富ですし、地域医療への貢献を見据えながら、実践的な授業を展開しているので、様々な知識を習得することができます。また、東洋医学の視点を取り入れた授業にも力を入れています。

卒業後の進路に関するサポートも充実しています。カリキュラムは、作業療法の基礎から地域医療を支えるスキルまで幅広いので、4年間で全てのことをマスターすることができます。

大阪保健医療大学

大阪にある大阪保険医療大学では作業療法士を目指す人のための専攻コースを開設しています。大学の中でも専攻コースを設けているところはそんなには多くはありません。また作業療法士としての就職先も支援しています。

国家試験に通らなければいけないので、国家試験対策も行う必要があります。大阪保健医療大学では1年次から国家試験対策を行っているので、早めの対策を行うこともできるようになっています。また3年次より本格的に対策を行うこともできます。

分からないところがあると勉強も進まなくなってしまいます。それを避けるための補習も行っているので、しっかりと分かるまで勉強をすることができます。補習を受けることでより国家試験対策もスムーズに行うことができます。

大阪医療福祉専門職大学

大学制度にはない、職業に結び付く教育環境が義務化されたのが、大阪医療福祉専門職大学です。実際の医療現場を知るため、最新で多種多様な医療機器とシミュレータを導入しており、すべての実習室で現場に近い学び、技術習得が期待できます。

ここでは、作業療法士や作業療法学士を目指すだけでなく、就職まで保証してくれます。奨学金・学費免除制度もあり、西日本を代表する数々の病院・施設と提携するのも強みです。国家資格合格保証制度では、万一合格できないにしても、必要な学費を2年間負担してくれます。

大阪駅から徒歩9分という立地だからこそ、効率よく時間を使えます。情報も集中する大都市、全国各地から同士が集う他、医療機関や福祉施設なども集中するため、情報も人間的成長も期待できるのは大阪医療福祉専門職大学の強みです。

大阪府立大学

作業療法士になれる大学が、大阪にはあります。大阪府立大学の地域保健学域、総合リハビリテーション学類に作業療法学専攻があるんです。これからは、高齢化社会になるにつれて、医療系の資格保有者はこれからもさらに、大変重宝される時代になっていきます。公立大学なので、学費面でも安心ですね。

大阪府立大学では、講義内容が大変良いという学生の声がたくさんあるんです。自分の将来の資格取得のための専門単位だけでなく、幅広くその領域の研究ができる、ということもこの大学の評価が高い理由と言えるでしょう。

また、資格取得ためだけでなく、その上の研究分野に進みたい人にも最適です。リハビリテーション学研究科という大学院もありますので、臨床だけでなく、より深く学び研究することができます。

関西医療大学

関西医療大学の作業療法士学科は、医療知識に総合学習と医療英語などの語学力を養い、様々な現場で役立つ実践力を身に付けたリハビリテーションのプロを育成する分野に於いて、大阪随一の充実した環境が整っています。

関西医療大学は、1年次から4年次までリハビリテーションの基礎知識から実践教育に至るまでの、じっくりとしたカリキュラムの構築によって教員一同が、全力で国家試験取得のバックアップをするのが大学の方針です。

関西医療大学は、数多くの国内の病院などの臨床現場での実習や、諸外国のリハビリテーション病院での見学実習など、体験する事で実践力を身に付けた即戦力となれる作業療法士を育成しています。

四條畷学園大学

作業療法士を育成されている四條畷学園大学の特色の一つは、解剖学や生理学といった基礎医学やリハビリテーション医学としての臨床医学を座学で学ぶとともに、体験型・実践型の授業を積極的に取り入れ、現場で活躍できる人材育成に努められていることです。

チーム医療に大切なコミュニケーション能力をディスカッションやプレゼンテーションをとおして育成するとともに、大阪市内を中心とした自宅から通える病院や施設を提供することで、実りのある実習が実施されています。

高校生活からのスムーズな移行と充実した大学生活をサポートするために、少人数クラス編成や担任制などを採用し、国家試験対策やキャリア対策まできめ細かな支援が行われています。

PAGE TOP